中国人の多くは日本人について「細かい部分まで手を抜かない気質がある」と口にするが、こうした気質は日本のさまざまな場所において、目に見える形で現れているようだ。中国メディアの快資訊は8日、中国人は日本を旅行で訪れるだけで「日本人の細部へのこだわりを感じ取ることができる」と伝え、そのこだわりぶりは「他国には真似のできない水準」であると伝えた。

 記事はまず、一部の中国人は日本に対して複雑な感情を抱いているかもしれないと指摘する一方で、それでも中国が日本に学ぶべき点は非常に多いと伝え、特に「細かい点まで妥協しない」というこだわりは大いに学ぶべきであると指摘。

 たとえば、街中にある変哲もないマンホールの蓋を取り上げ、「日本では蓋に現地の特産品や名物などのデザインを施し、ご当地名物にしている」と紹介し、そのデザインはカラフルで美しく、マンホールの蓋という取るに足らないものまで手を抜かない姿勢を称賛した。

 また、「細かい点まで妥協しない」気質は、日常のルール遵守にも現れていると指摘し、たとえば駅などにある階段では上る人と下りる人がぶつかることのないよう、誰もが自発的に片側に寄って歩くと紹介。たとえ上る方だけ側が混雑していても、下りる側の階段を使う人はほとんどいないと紹介した。

 さらに記事は、ビールなどの飲料やシャンプーなどの容器には、それの内容物が何なのかが分かるよう、点字やきざみが存在すると紹介。こうしたユニバーサルデザインを通じた優しい配慮は、細部へのこだわりそのものであると強調。そのほかにも日本には清潔さをはじめ、「一目でわかるこだわり」があると伝え、こうしたこだわりを見ると中国人としては「他国には到底真似できない」と思ってしまうと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)