第2次世界大戦で米国は日本に原子爆弾を2回投下した。広島と長崎は原爆によって壊滅し、多くの人が亡くなった。中国では日本による侵略を理由に、今なお日本に対して恨みの気持ちを持つ人が少なからず存在するが、それゆえ日本人の米国に対する感情が気になるようだ。中国メディアの今日頭条は6日、現代の日本人の大半は米国を恨んでいないと指摘し、その理由について考察する記事を掲載した。

 記事は、日本に長く暮らす中国人の見解として「現代の日本人の多くは過去のことで米国を恨んではいない」と指摘し、たとえ恨んでいる人がいても、それはごく少数であると指摘。そして、こうした考え方は中国人にとっては理解できないと・・・・

続きを読む