中国は海洋強国に向けて海軍の軍備強化を進めている。ウクライナから購入した空母「ワリヤーグ」を改造し、遼寧号として運用しているほか、中国国産としては初となる空母もすでに進水し、各種試験を行っている。

 中国にとって空母保有は悲願であっただけに、今も中国国内では空母建造や空母の試験に対する関心は高いが、中国メディアの快資訊によれば、中国でこのほど「中国国産の空母が日本国旗を掲げていた」として・・・・

続きを読む