中国製スマートフォンが世界の市場を席巻しつつある。東南アジアの2017年市場シェアは、広東欧珀移動通信(OPPO)の17.0%、維沃移動通信(vivo)の7.2%、華為技術(Huawei)の5.4%と、上位5社のうちサムスン電子の29.1%、アップルの4.4%を除くと中国メーカー3社の合計シェアは29.6%を占めたという。「一帯一路」の国策の推進につながると、中国政府系メディアが5月31日付で伝えた。シェア・・・・

続きを読む