中国メディア・今日頭条は29日、「日本の最も敬服する点はこれだ もし中国人もできるようになったら、きっと先進国になれるはず」とする記事を掲載した。

 記事は、「中国人は日本という国に対して複雑な感情を持っているが、一方で日本を旅行したことのある中国人は日本国民全体のモラルの高さに感服する。しかし、中国人が日本に感服するのはモラルの問題だけではない。自国の製品に対して心から支持し、誇りに感じていることもそうなのである」とした。

 そのうえで、「日本旅行をすると、各種商品に大きく『国産』の2文字が書かれているのを見つける。中国人が『輸入』と書かれているのを好むのとは違うのだ」と説明している。

 そして、「これはもちろん、日本で生産された商品自体の品質が担保されていて、みんな安心して使うことができるというほかに、『国産品を支援する』という理念が日本人1人1人に深く浸透して、国民の共通認識になっており、みんながそれを守っていることがある」解説した。

 記事は、「もし中国人がいつか日本人のように国産品への支持を国民の共通認識とし、国産品を使うことを誉れとするようになれば、中国が真の先進国になる日も近い、という人がいる。しかしそのためには、中国の製品自体がみんなに支持されるような品質を持たなければいけないのだ。みんなから信頼を得られてこそ、このような目標は達成できるのである」と論じている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)