少子高齢化を食い止める手立てが見つからない状況の日本。子どもの数は減少を続けており、15歳未満の子どもの人口はなんと37年連続で減少している。一方、少子高齢化が問題となっているのは中国も同様だ。

 中国メディアの中国経営網は28日、借金で不動産に投資する人が増え、そして少子高齢化が進む中国はまるで「バブル崩壊前後の日本を見ているかのようだ」と伝え、中国経済のリスクについて考察する記事を掲・・・・

続きを読む