CDR解禁の対象となるのは、インターネット、ビッグデータ、といったハイテク産業、または、中国の戦略新興産業に属する企業とされている。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む