中国の本土市場(上海、深セン)と香港市場で、インターネット、ビッグデータ、クラウド、AI(人工知能)などの先端企業の上場誘致が競争になっている。すでに、香港市場にはスマートフォン大手の小米科技(シャオミ)が上場申請し、配車アプリ中国最大手の「滴滴出行(ディディチューシン)」もIPOの手続きに入るといわれている。一方、本土市場には検索サイト最大手、百度(バイドゥ:BIDU/NASDAQ)が中国預託証券(CDR・・・・

続きを読む