中国では年老いた親の世話をするのは子どもの役目という概念が一般的だ。日本人の考え方と似ているが、日本人よりその意識は強く、それは中国に「養兒防老(子を育てるのは、自分が年老いた時に世話をしてもらうため)」という言葉があることからも良く分かる。

 中国メディアの快資訊はこのほど、中国人にとって「養兒防老」は数千年にわたって受け継がれてきた伝統的な概念であると伝え、子を産み、育てるのは自分の血縁を残すだけでなく、自分が老いた時の拠り所を確保するためでもあると紹介する一方、こうした考え方は日本人の概念と違っていると指摘し、日中の老後に対する考え方の違いを考察している。

 記事は、中国では子に良い教育を与えようとするのは、子の将来のためであると同時に、自分たちの老後のためでもあるとし、だからこそ中国の親は苦しい労働に耐えてでも子に良い教育を受けさせようと努力するのだと指摘。また、中国では子が親の老後の面倒を見るのは当然のことと認識されていると紹介した。

 一方、日本人の「家庭」に対する概念は中国人のものと大きく違っていて、日本では子どもが一定の年齢になったら独立するのが普通と見なされていることを紹介。独立後は就職や結婚に対して親が過度に干渉することはなく、出産や家を購入するにあたっても中国のように親がすべて面倒を見るということもないと強調した。

 また、中国では祖父母が共働きの子に代わって孫の面倒を見るのも普通だが、日本では祖父母が孫の世話を日常的に行うのは一般的ではないと指摘。こうした点からも日本人と中国人の老後に対する考え方の違いが見て取れると指摘する一方、こうした違いが生じるのは「経済と社会の発展水準が違っている」ためであるとし、年金制度や退職金制度、医療保険制度など、日本は中国より整備された社会保障があるため、老後は必ずしも子の世話になる必要がないのだと指摘し、中国も社会保障が充実すれば、「養兒防老(子を育てるのは、自分が年老いた時に世話をしてもらうため)」という伝統概念に変化が生じるはずだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)