近年、日本を旅行で訪れる中国人が増えているが、中国人たちの日本旅行に対する満足度は非常に高いようで、中国のネット上には旅行を通じて実感した日本に対する賛辞の声が数多く存在する。

 しかし、中国メディアの快資訊は20日、日本は確かに中国人にとって学ぶに値することが数多く存在する国だと指摘する一方、日本への旅行を盲目的に推奨することについては異論を唱えるべきであると主張する記事を掲載した。

 記事は、中国人にとって日本は距離が近いうえに、実際に旅行した人たちからの評価や満足度が高い国であり、多くの中国人にとってコストパフォーマンスが非常に高い国だと言えると指摘。また、日本は中国と違って街が清潔で、ゴミも落ちていないなど、教育や公徳心といった点で中国人が見習うに値する国であるのは事実だと指摘する一方で、日本を盲目的に称賛し、日本への旅行を盲目的に推奨する風潮があることに異論を唱えた。

 さらに、日本でも深夜になると、ゴミをポイ捨てする人が増えると伝え、日本人だって人の目が少ない時間帯になれば中国人と同じような行動を取ると主張。こうした点を無視して日本を過度に称賛し、日本への旅行を盲目的に推奨するのは客観性に乏しい見方であると伝え、「日本だって決して満点の国ではない」と主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)