日本で売られているカップ焼きそばでは、例えば湯切り口の機構が年々進化を遂げていて、湯切りしやすくなってやけどのリスクが減るとともに、湯切り口から「かやく」や麺が流れ出すということも少なくなった。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む