中国でマーケットシェア65%以上の最大、世界で第2位のOTA(オンライントラベルエージェント)Ctrip.com Internationalは、三井住友カード、銀聯国際と連携して日本人向けのオンライン旅行サービスに本格参入する。6月6日に募集を開始する同社初の国外提携クレジットカード「Trip.comグローバルカード」は、持っているだけでホテル予約などが割引されるクーポンがもらえるなど、旅行好きにメリットを盛り込んだ国際カードになっている。

 1999年に創業したCtrip.comは、2003年には米NASDAQに上場。上場当時の時価総額は2~3億ドル(200~300億円程度)だった・・・・

続きを読む