中国メディア・東方網は14日、日本の九州にあるトヨタ・レクサスの工場見学が「匠の旅」と称するにピッタリであるとする記事を掲載した。

 記事は、「日本人は、1つの物事に真剣に心血を注ぐ民族であり、おのずと無数の『匠』が生まれる。そして、『匠の精神』をクルマづくりの理念としているレクサスにも、匠の心と匠の技術が作業工程の1つ1つに注がれているのだ」とし、レクサスを生産している九州工場を見学した様子を伝えた。

 まず、「九州工場のロビーには、『輝匠』と称されるCT200hが置かれている。このクルマには日本トップクラスの職人がレクサスのために作った内装がちりばめられている・・・・

続きを読む