中国ではモバイル決算が急速に広まっており、農村部でも消費者のスマホによるオンライン決算が急激に増えているという。これは、もちろん科学技術の進歩の表れではあるが、同時に「偽札の多さ」が後押しになったのは否めないだろう。中国では偽札が長年の間国民の悩みの種となってきた。

 その点、日本では偽札に出会う確率はまずない。中国メディアの快資訊は12日、日本にはどうして偽札がないのかに関する記事を掲載した。答えを知ると中国人は「親指を立てなければならなくなる」という。

 記事は、中国における偽札の多さに言及し、中国各地で農村地帯を中心に今でも広く流通していると伝えた。中国にお・・・・

続きを読む