中国メディア・東方網は8日、日本で和服に対するニーズが減り続ける中で、日本の和服産業がどのように振興に向けて努力しているのかを紹介する記事を掲載した。

 記事は、「和服はかつて日本人の日常的な服装だったが、今では結婚式や成人式などのオフィシャルな場でのみ着られることが多く、着用する人も多くは女性である。経済産業省によれば1975年には1兆8000億円の市場規模があったというが、日本の経済シンクタンクの調査では2016年には2785億円にまで減ってしまったという」と紹介した。

 そのうえで「日本における和服へのニーズが低下し続けるなか、多くの和服の職人やイノベーター・・・・

続きを読む