人類が月面に降り立つという歴史的偉業を成し遂げたことのある国は米国のみだ。中国は宇宙開発分野では日本を先行する実績を挙げているが、将来的に有人月面着陸を行う場合は日本と中国のどちらが先に実現できるのだろうか。

 香港メディアの鳳凰網は4日、「日本と中国はそれぞれ2030年に有人月面着陸を行うという方針を持っているが、どちらの計画が現実的か」と問いかける記事を掲載した。

 記事は、中国人にとって月は昔から深い意味を持つ存在であり、それゆえ月面着陸は中国にとって特別な夢となっていると指摘する一方、実際の宇宙開発はここ30年停滞しているのが現状だと紹介。続けて、日本の宇・・・・

続きを読む