留学や仕事のために日本で暮らす中国人は少なくないが、こうした中国人は日本での生活をどのように感じているのだろうか。中国メディアの快資訊はこのほど、「日本で暮らしてこそ分かった、日本の美点」と題した記事を掲載し、中国人の見解を伝えている。

 記事がまず挙げているのは公共交通機関だ。特に日本では電車でも新幹線でも「時間に非常に正確」で、遅延が発生することはほとんどないと紹介し、「特殊な原因で遅延が発生する場合はアナウンスなどで周知してくれる」と伝えた。公共交通機関は人びとにとっての重要な移動手段だが、仕事で移動するビジネスパーソンにとって公共交通機関が時間どおりに運行されなかったら、仕事のスケジュールは大幅に狂い、各所に大きな影響が出るだろう。

 ダイヤどおりに運行がなされるというのは日本人からすれば当たり前に思えるかもしれないが、実は非常に重要かつ得難いことなのだ。事実、中国では飛行機などであっても遅延は日常茶飯事であり、バスにいたっては時刻表がないため、いつバスが来るか分からないのが一般的だ。中国に比べ、日本では約束の時間に遅れることを懸念せず、公共交通機関を安心して利用することができると言えるだろう。

 また記事は、日本人の礼儀正しさと日本社会の治安の良さも「日本で暮らしてこそ分かった日本の美点」であると伝えている。多くの中国人は今でも日本人に対して偏見を持っているというが、記事は「現実の日本人は非常に礼儀正しく親切で、見知らぬ人でも道を尋ねれば丁寧に教えてくれる」と紹介。

 また、多くの中国人は、「日本のアニメやドラマの影響で、日本は殺人事件が多いと勘違いしている」と指摘する一方、実際には殺人事件どころか、窃盗事件も日常で被害にあうことはまずないと強調。財布を落としても交番に届けられているのが日本であると伝え、「日本は治安が悪い」というのは誤解であると伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)