中国メディア・今日頭条は5日、日本で「空飛ぶクルマ」の開発に向けた動きが進んでいることを伝えた。

 記事は、日本で開発が進んでいる「空飛ぶクルマ」の原型となる無人機の飛行試験が今月愛知県豊田市で行われる予定であるとする、日本メディアの報道を紹介。長さは3.7メートル、高さは1.5メートルで、四隅にある8枚のプロペラによってヘリコプター同様に飛行できる一方、3つの車輪で地上走行も可能であるとした。

 また、計画では高度10メートル、時速100キロによる飛行を目指しており、2020年の東京五輪の開会式で使用できるよう開発が進められていると説明。技術者らによる有志団体「・・・・

続きを読む