中国の交通事情は日本と大きく違っている。日本は歩行者優先が徹底されているが、中国は自動車が歩行者に道を譲らないケースが非常に多く見られ、歩行者はたとえ横断歩道の信号が青でも周囲を見渡してから横断しないと危険を感じるほどだ。

 そして、中国では歩行者も交通ルールを守らない人が多く、信号のない場所でも自動車が来ていないとなれば勝手に横断してしまう光景は日常茶飯事だと言える。自動車も歩行者も交通ルール無視が非常に多いため、中国では交通事故による死者数も極めて多く、年間20万人以上が事故で死亡しているという統計もあるほどだ。

 中国メディアの快資訊は6日、日本では中国のよ・・・・

続きを読む