中国はかつては世界の工場と呼ばれ、あらゆるモノに「Made in china」という印字が刻まれているのではないかと感じられるほど、世界中に商品を輸出していた。近年は一部メーカーがより人件費の安い東南アジア諸国での生産にシフトしており、中国も世界の工場から世界の市場へとシフトしつつある。

 また、中国製品もかつての「安かろう悪かろう」から脱却し、品質を高めつつあるが、中国人から見ても「中国製品はまだ日本製品には敵わない」と感じられるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国製品が日本製品に及ばないのはなぜか」と疑問を呈する記事を掲載した。

 近年中国製造業の・・・・

続きを読む