中国メディア・東方網は3日、「技術の話だけするとして、日本のエンジン、特にバイクはどうして優れているのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「第2次世界大戦後に経済が非常に萎縮した日本が、最終的には自動車やバイクのエンジン技術で米国よりもはるかに先を進むようになった。工業技術で言えば米国の方が間違いなく日本より高かったであろうに、どうして日本は米国よりも優れたエンジンを作れたのだろうか」としたうえで、その理由4つ挙げて説明している。

 1つめは、製造業に取り組む時間の長さがあるとし「最初は日本人も他人の模倣をしていたが、製造業に携わる時間が長くなるにつれて、機先を・・・・

続きを読む