中国メディア・東方網は4日、「日本の住宅は品質が悪いの? どうして寿命がわずか30年なのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本の住宅というと、なにか言いたい人が多くいるかもしれない。例えば、スマート化されたキッチンやトイレのシステム、極めて個性的な家具のアイデア、そして、とても合理的なごみ処理方法などだ」とした。

 そのうえで、「しかしデータのうえでは、日本の住宅の寿命は決して長くない。英国の住宅の寿命は最も長くて141年、フランスやドイツは85年程度、中国は70年と言われているが、日本の住宅は30年しか持たないという。日本の住宅の品質はそんなに悪いのか」と・・・・

続きを読む