中国メディア・東方網は3日、「ニューリテールよりも、私は日本の小売体験のほうが好きだ」とする記事をを掲載した。中国で浸透し始めている新たな小売りの形態には、消費者が求める「あるもの」が決定的に不足しているという。

 記事は、「他のどの国よりも中国の社会環境の発展が急激であることを否定するわけにはいかない。これはマンパワーの大きさによるものなのかもしれないが、時としてそれは多くの弊害を生む。例えば、ニューリテールの出現によって小売市場が浮わついたものになり、その本質を忘れてしまっている」とした。

 また、「商品サービスが未成熟な中でEC業態が出現したことで、大量のニ・・・・

続きを読む