中国で起きている不動産バブル。「まもなく崩壊する」と言われて久しいが、今のところ崩壊には至っていない。しかし、中国には不動産バブルの崩壊を懸念している人も少なくなく、特に日本という前例と比較したうえで中国の危機を予測したいと考える人は多く見られる。

 中国メディアの和訊網は2日、日本経済は中国にとっての「師」のような存在であり、特にバブル崩壊によって大きな痛手を被った日本の過去は非常に参考になると指摘しつつ、「日本の過去を見てみると、現在の中国経済には危機が迫っているのかもしれない」と伝えている。

 記事は、日本では1989年に日経平均株価が史上最高値をつけ、土地・・・・

続きを読む