中国メディア・今日頭条は1日、日本のアニメ産業にとって中国が最大の成長エンジンとなっていることが、日本のアニメ業界団体の報告で明らかになったと報じた。

 記事は日本アニメーション協会が先日公式サイト上で2017年のアニメ業界年報の英語版を発表したと紹介。この年報には2016年の日本アニメ産業に関する詳細な調査結果が記載されているとし、16年の日本アニメ産業全体の市場規模が初めて2兆円を突破し、13年以降年間10%程度のペースで増加していると伝えた。

 そのうえで「業界全体の業績は喜ばしいものだが、ほぼすべての成長が海外市場によってもたらされたもの。海外市場は13年・・・・

続きを読む