中国メディア・環球網は2日、日本が木を発酵させて作るお酒の研究開発を進めており、3年以内の発売を目指していると伝えた。

 記事は「日本の森林総合研究所では、主に樹皮を利用した『木のお酒』の研究開発が進んでいる。木を粉砕してバター状のものを作り、これに酵母と酵素を加えて発酵させる。製造工程で加熱を避けることで、材料となる木が持つ独特の香りを残すことができるとのことで、現在までにすでにスギ、シラカバ、ソメイヨシノを使った酒作りに成功しており、4キロのスギからアルコール度数約15%のお酒3.8リットルが作れるという」と紹介した。

 そして、同研究所の研究員が「醸造酒と蒸・・・・

続きを読む