日本では子どもたちが学校生活で楽しみにしている給食の時間も重要な教育の一環とされている。給食制度が全国に普及していない中国から見ると、日本の給食風景は驚きの連続となるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の一般的な小学校給食について紹介し、そこから「日本の細かく行き届いた教育」が分かると指摘する記事を掲載した。

 中国の多くの学校では昼食を提供していないので、子どもたちは午前の授業を終えると一旦帰宅し自宅で昼食と休憩を取る。また多くの家庭は両親が共働きであるため、祖父母が子どもの世話をすることになるが、それゆえ往々にして甘やかされて育つ傾向が見られる。

 記事は日本の小学5年生の女の子に密着し、日本の一般的な子どもたちの様子を紹介した。朝自宅を出た女の子のランドセルに下がった巾着袋の中身を見せてもらうと、「給食時に必要なマスクや歯ブラシ、コップが入っており、毎日持参する」ということに驚いた様子。これだけでも「必要な物をすべてそろえること」、「忘れずに持参すること」、「食事前後の衛生意識」を養う教育となっていると指摘した。

 この学校は校内で給食が調理され、時には生徒たちが菜園で育てた野菜も提供されるようだ。また作られた給食は、子どもたちが自ら配膳を担当するのだが、「食事の際の衛生管理の重要性や、協力して仕事を行うこと、静かに席について待つ事などを学ぶ機会となっている」ことを強調した。

 また配膳にあたった生徒に感謝して皆で一緒に食事を始めること、給食の残った分を処理したり、食器の片付け、ゴミの分別も子どもが自ら行うなど、「給食はほぼ生徒自らが仕事を分担して行ない、教師は監督するだけである」ことを説明し、日本の給食制度は単なる昼食ではなく、最初から最後まで教育の一環となっているのだと驚きを示した。このように給食の時間は子どもたちが様々なことを学ぶ場となっていることから、こうした制度がない中国人にとって日本の給食風景は驚きの連続で、羨ましくも感じるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)