日本はバブル崩壊後に経済成長率が低迷し続けている。中国はその間に急激な経済成長を遂げ、今や国内総生産(GDP)は世界2位の規模となり、近い将来には米国すら超えて世界一になると見られている。

 著しい成長を続ける中国では「もはや日本から学ぶものはない」といった驕りとも取れるような声が聞かれるようになったが、中国メディアの東方頭条は4月27日、「日本は控えめな国だから良く分からないが、アジア・・・・

続きを読む