中国では年間、約20万人もの子どもが行方不明となっていると言われる。これらの子どもたちの大半は「人身売買」を目的に誘拐されていると見られており、子どもが無事に発見され、親元に戻るのは全体の0.1%ほどという見方もある。

 人身売買や誘拐といった事件は日本では到底考えられないものだが、なぜ中国では今なお子どもの誘拐が頻発しているのだろうか。中国メディアの快資訊はこのほど、世界中の国も中国の・・・・

続きを読む