中国メディア・東方網は4月29日、F1グランプリ開催地として世界的に有名な日本の鈴鹿で、「自分で操縦するジェットコースター」が登場したと報じた。

 記事は、「鈴鹿サーキットは日本の三重県鈴鹿市にあり、F1グランプリや8時間耐久レースなどの大型モータースポーツレースが開催されており、モータースポーツファンなら知らない人はいないサーキットだ。そんな鈴鹿だが、世界レースの舞台であると同時に、親子で楽しめる楽園でもあるのだ」とした。

 そのうえで、同サーキットの近くにあるテーマパーク・モートピアにて3月に世界初となる自ら運転するジェットコースター「DUEL GP」が登場し・・・・

続きを読む