中国メディア・今日頭条は4月29日、「中国製はどうして日本にかなわないのか ユニクロ1つ見ただけで分かる」とする記事を掲載した。

 記事は「今や世界の範囲でメイド・イン・チャイナの文字を見ることができる。一方、多くの人がかつての製造業帝国・日本について徐々に没落していると認識している。しかし、事実はそんなことはない。製造業において、わが国と日本との間にまだまだ大きな差があるのだ」とした。

 そして、「新興市場の急速な台頭と技術移転に伴い、日本の製造業は確かに少なからぬダメージを受けた。しかし、明治維新から長時間かけて発展してきた日本の製造業は、充実した製造体系と他国を超越する理念を持っている。製造業従事者は日本で高い社会的地位とともに、強い使命感を持っているのである。彼らは量より質を重んじており、細かい部分に非常にこだわる」とした。

 また、「日本の十数人規模の小工場が、わが国の数百人規模の大工場に比肩する力を持つ。なぜなら、日本の企業は核心技術を有しているからだ。日本の企業は、例えばユニクロに衣服の生地を提供すると同時に、ボーイングに炭素繊維の複合材料を提供することができるのだ」と論じている。

 記事によれば、中国人には「自分が従事している職業に対する排斥感」があるとのこと。大部分の人が自分の子どもに自分と同じ職業に就かせたがらないため、中国の製造業は往々にして世代交代がうまくいかないのだという。記事はさらに「日本は古き良きものをしっかりと守ってきたが、中国人はとにかく新しもの好きであり、伝統的な工芸技術が歴史の大河の中に埋もれてしまっている」とした。

 そのうえで、「わが国の製造業が日本との差を縮めつつあるのも事実。初心を忘れることなく前進し、未来の世界の製造業において独自のポジションを持つようになることを願っている」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)