毎年、多くの中国人旅行客が日本を訪れるようになったとはいえ、中国の13億を超える人口から見れば訪日客は中国人全体のごく一部に過ぎない。それゆえ、日本がどのような国なのか、先入観を持っていたり、間違った知識を持っている中国人は少なからず存在すると言えるだろう。

 中国メディアの快資訊は26日、中国国内で伝え聞いても「なかなか信じられないこと」もあるとし、日本を訪れて初めて信じることができるという「中国人の対日観を変える事物」について紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、「日本では売られている食べ物、飲食店で提供される料理など、口に入るものは全て美味しく、質が高い」と紹介。日本ではファーストフードまでもが非常に美味だと伝えているが、中国ではファーストフードは美味しくないとされているのだろうか。

 続けて、日本で買い物をした際などにお釣りとして手にする紙幣を例に「しわくちゃの紙幣や落書きされた紙幣は全くなく、全て新札のようにきれいである」と紹介。中国は近年こそモバイル決済が普及したことで紙幣を手にする機会が減っているが、確かに中国の紙幣はボロボロのものが多い。

 また、多くの訪日中国人が驚く「トイレの清潔さ」についても、中国人の多くが伝え聞いたことはあるだろうが、「どれだけ清潔なのかは、実際に日本を訪れてこそ実感できる」と強調。だが、訪日中国人が帰国後に口々に賞賛する日本のトイレの清潔さは「全く誇張されたものではなく、本当に清潔なのだ」と論じた。

 日本で非常に身近なコンビニはもちろん中国国内にも数多く存在する。しかし記事は、日本と中国で全く違うのは「日本のコンビニで売られている食べ物は非常に美味しい」ということだと強調。これは対日観を変えるというよりも、中国人のコンビニ観を変えるものと言えそうだが、コンビニは弁当からお菓子、惣菜に至るまでなんでも美味しいので驚くのだという。

 そのほか、中国人の多くが「日本は海に囲まれているため、毎日魚を食べている」と考えているものの、実際に日本人は魚より肉を食べているようだと紹介。中国では日本に関する情報も多く存在するが、日本を訪れてこそ分かることも多いと伝えつつ、訪日した際には先入観や固定概念とのギャップに驚くことは多いはずだと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)