日本は中国との国交正常化後、政府開発援助(ODA)などの形で莫大な援助を提供してきた。外務省によれば、対中ODAは、1979年に開始され、2013年度までに有償資金協力(円借款)を約3兆3164億円、無償資金協力を1572億円、技術協力を1817億円のODAを実施してきた。

 こうした援助の存在を知らない中国人も少なくないのだが、中国メディアの捜狐はこのほど、日本の対中ODAは中国が戦争・・・・

続きを読む