海外旅行で滞在先の異文化に触れる時、景色や食べ物だけでなく、現地の人びとの生活スタイルすら新鮮に感じるのではないだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本を訪れた中国人観光客が「日本人にとっての日常のなかで特に印象深かった点」について紹介する記事を掲載した。

 訪日経験のある多くの中国人の多くは「日本の公衆トイレはどこも清潔で設備も整っている」と指摘する。確かに近年の日本では交通機関やサービスエリア、また商業施設などがトイレ空間も明確なコンセプトのもとでデザインし、他との差別化を図るという動きが進んでいる。それゆえ中国人観光客たちは行く先々で、設備の整った清潔なトイレを利用できることに感動を覚えるようだ。

 中国でも公共のトイレを見直す動きが始まっており、一部の新しい商業施設は日本人でも抵抗なく使用できるようになってきた。しかし、中国で多く利用されている長距離バスの休憩所のトイレひどく汚れていて、臭いもきついのが普通だ。客は利用せざるを得ないが、決して快適な場所ではない。

 こうした中国の感覚で日本を訪れ、高速のサービスエリアを利用する中国人は「清潔で異臭もせず、トイレットペーパーや使い捨ての便座シート、またハンドソープなど、必要なものがすべて揃っている」と感動するのだという。やはり多くの中国人にとって日本のトイレ事情は特に印象に残る点のようだ。

 他にも路線バスでは「運転席が礼儀正しく穏やかに接してくれ、料金を支払う1人1人の乗客に『ありがとうございました』と言っていた」と感動した様子。さらに「運転も丁寧で、停発車の際も乗客に急がず気を付けるよう優しく促している」と驚きを見せた。こうした気遣いは確かに中国の路線バスでは見られないものだ。細かなことではあるが、日本を訪れて初めて日本と中国の日常生活のなかにも細かい相違が多々あることを感じたようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)