日本製品といえば高品質で故障が少ないことが競争力の1つであり、これは中国でも同様だ。多くの中国人消費者が「日本製品は壊れにくい」というイメージを抱いている。これは日本製品が実力で構築してきたイメージであり、まさにブランド力の源泉と言えるだろう。

 中国メディアの今日頭条は19日、1991年に日本から輸入されたスズキの2輪車を紹介し、「すでに27年も乗っているが、いまだにトラブル1つ起きて・・・・

続きを読む