中国では近年、モバイル決済が急速に普及していて、もはや財布を持ち歩く必要がないほどになった。日本では中国ほどモバイル決済は普及しておらず、中国人旅行客のために決済方法が用意されている程度で、日常のすべてをモバイル決済や電子決済で取引している人は少数派だと言えるだろう。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人はもはやスマートフォンを手放せなくなったと伝え、モバイル決済がごく当たり前のことになっているにも関わらず、日本人はなぜモバイル決済を好まないのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、中国のモバイル決済で必要不可欠な存在がQRコードであると伝え、そのQRコードが生まれた国である日本でモバイル決済が普及していないのは中国人にとって「不可解」であると主張。近年は日本でも大手金融機関が中心となってモバイル決済のためのQRコード規格の統一といった動きが見られていると紹介する一方で、日本人消費者はモバイル決済にあまり乗り気ではないように見えるのは事実だと論じた。

 続けて、日本人がいまだに現金決済に固執するのは、日本人は個人情報に非常に敏感だからではないかと主張。中国では自分の個人情報がどこから漏れているのかは分からないが、いたずらメールやいたずら電話の存在は「もはや日常」と言えるほど頻繁だが、日本人はモバイル決済などを通じて、自分がどこで何を購入したかといった情報が銀行口座と紐づけられて管理されるのを嫌っているのではないかと考察した。

 また、日本と中国の違う点は「クレジットカード」の普及率にもあるとし、日本は非現金決済の手段としてクレジットカードが普及しているが、中国はクレジットカードが普及する前にモバイル決済が普及したという要因があることを指摘。日本では訪日中国人向けにモバイル決済が導入された店が数多く存在するが、日本人が中国人と同じモバイル決済の規格を使用するのは「近い将来に起こり得ることではない」との見方を示した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)