中国メディア・東方網は18日、韓国男子アイドルグループのイベントに出席したお笑いタレント、とにかく明るい安村さんに対し、グループのファンから「セクハラだ」との非難が出たと伝えた。

 とにかく明るい安村さんが先日、幕張メッセでの韓流イベント「KCON 2018 JAPAN」内で行われた韓国の男子アイドルグループBLKの握手会に出席した際に、「思いがけない、大きな異文化トラブルが発生した」と紹介。自分の順番が回ってきた安村さんはメンバーの目の前で自らのTシャツを捲り「安心してください、履いてますよ」とアピールしたところ、これを見たメンバーたちが非常に驚いて飛び上がりそうになったと伝えている。

 そして、この一幕が大きな物議を醸し、BLKのファンからは「非常に不愉快であり、ちっともおもしろくない」、「文化の違いがあるのは分かるが、外国人から見れば正直受け入れがたい。これはセクハラではないのか」との意見が出たほか、「ちゃんと出てきて謝罪してもらいたい」という声まで飛び出したと紹介した。

 一方で、「BLKを驚かそうという趣旨だったのでは。とにかく明るい安村さんの芸と言えばこれだし、メンバーが驚く場面も絵になると主催側が考えたのではないだろうか。あえて事前に知らせなかったことだって考えられる」と安村さんをフォローする人もいたとしている。

 記事は「とにかく明るい安村さんは日本では有名な芸能人。それゆえ、日本のネットユーザーの反応はそれほど大きくない。ただ『韓国と日本では笑いの文化が違うからこそ、こういったことが起こるんだな』との感想も見られた」と伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)