中国メディア・今日頭条は18日、日本が中国の農村における「トイレ革命」を巨大なマーケットと見て支援しようとしていると伝えた。

 記事は、「日本に行ったことがある人は、みな日本のトイレは神秘的だと言う。そして、日本のトイレ文化に理解がある人を含めて、その清潔さや人に優しい細やかなデザインに驚きため息をつかない人はいない。日本のトイレ文化は歴史が長く、トイレの神様、トイレ協会、トイレ祭り、さらには、日本トイレ大賞なるイベントまであるのだ」と紹介した。

 一方で、中国のトイレも観光地から農村まで徐々に改造が進み、清潔になりつつあると説明。中国の国家観光局が先日「トイレ革命3年行動計画」を発表し、中西部地域や農村地域を重点にトイレ建設を進めることを打ち出したと伝えている。そして、「中国のトイレ経済は技術革新とともに市場における役割も重視されるようになった。昨年末までに累計で10億4000万元(約177億円)が全国各地のトイレ建設資金として捻出された。そして、今後3年以内にさらに6万4000カ所の観光トイレを作る計画なのだ」とした。

 記事はそのうえで、「中国の農村におけるトイレ建設の技術支援に向け、日本の経済産業省、環境省などが議論を始めようとしており、すでにTOTOなどの日本のトイレメーカーに対して諮問や調査を実施している。また、中国の農村のニーズや実情を知るために、日本企業は近々現場の視察を行う予定だ」と日本メディアが報じたことを紹介している。

 中国のネットユーザーは、「食べるのも出すのも同じくらい大切なこと」、「いいものはやっぱり他人から学ぶべきだね」、「これはいいと思う。農村の衛生水準向上は、美しい農村づくりの大事な一部分だから」など、歓迎するコメントを残す一方で、「果たして地元の農民が(多少なりとも費用がかかる)トイレの改造を望むかどうか」、「問題は、使う人間のモラルだよ」といった意見も見られた。

 確かに、せっかくきれいなトイレを作ったとしても、使い方が悪ければあっという間にトイレは汚くなってしまう。新しいトイレを作った後どう使うか、どう維持するかに、中国のトイレ革命で問われるべき真価があるのではないだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)