世界保健機関の2015年における統計によれば、中国の15歳以上の男性の喫煙率は47%を超え、日本の33%を上回った。中国は喫煙大国と呼べるほどタバコの消費量が多く、また「敬煙」というタバコを人に勧める習慣があるほど、タバコが身近にある国だと言える。

 一方、日本では喫煙がもたらす体への害も広く周知されていて、喫煙者の数は減少傾向にある。それゆえ、日本と中国ではタバコ1つとっても、様々な違いがあるようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、タバコを通じて見た日本と中国の違いについて紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、「昔日本に来た時はタバコの値段は250円から32・・・・

続きを読む