四川省の大学のキャンパスではこのほど、中国の発展ぶりをマンホールの蓋の上で表現するマンホールアートのイベントが開かれたという。イベントは今年で3回目とのことだが、マンホールの蓋に絵を描くという発想のヒントになったのは、おそらく中国でも話題になった日本の「ご当地マンホール」だろう。

 中国メディア・36Krは、「日本では、どのようにしてマンホールの蓋の文化が起こったのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「普段、地面に敷設されているマンホールの蓋が人の注意を引くことはほとんどない。ましてや、マンホールの蓋と『文化』を結び付けることは難しいだろう。しかし日本では、マン・・・・

続きを読む