中国メディア・東方網は13日、中国を始めとする世界でシェアリング経済が成長するなか、日本では「お墓のシェアリング」が人気を集め始めているとする記事を掲載した。

 記事は、「ここ数年、シェアリング経済の成長により、世界各国でさまざまなシェアリング製品が出現した。各地でシェアされる物からは、現地のリアルな生活の事情を垣間見ることができるが、日本ではお墓のシェアリングが静かなブームになりつつあるのだ」とした。

 そして、「日本ではシェアハウスタイプの賃貸物件が都市を中心に数多く出現するようになったが、居住空間をシェアするという理念がお墓にまで延長され、子どものいないお年・・・・

続きを読む