2017年の世界スマートフォン販売台数はサムスンが1位だった。しかし、サムスンは中国市場では苦戦を強いられており、下がり続けたシェアは17年第4四半期にはついに0.8%にまで下がってしまったという。ひと昔前までは中国人に大人気だった状況が一転し、今では中国でサムスンのスマホを見かけることはほとんどない。

 中国メディアの今日頭条は11日、サムスンはなぜ中国市場で負けたのか、韓国メディアによる分析を紹介する記事を掲載した。記事によると、17年の中国市場におけるサムスンのシェアは前年の2.4%から2.1%にまで落ちたという。

 その理由について記事は、「サンドイッチ型の危機」に苦しんだためだと分析。ハイエンド市場ではアップルが強く、ローエンド市場では中国メーカーが大きな競争力を持っているため、挟み撃ちにあったのだという。特に中国メーカーの躍進は目覚ましく、17年第4四半期のシェア上位10位のうち、5位のアップルを除き、すべて中国メーカーが占めていたという。

 記事によると、サムスンはインド市場でも振るわなかった。これまでシェア1位を維持していたが、第4四半期では6年ぶりに1位の座を中国のシャオミに奪われたという。サムスンは世界シェアではまだ1位であるものの、世界の2大市場である中国とインドでの不調は大きな打撃だという。

 記事は、この状況を打破すべくサムスンが考えているのは昨年末にリリースした、ギャラクシーSなどに搭載された人工知能(AI)アシスタントサービス「ビクスビー」の中国語バージョンだと紹介。さらに、百度、アリババなどとの提携も発表している。また、インド市場ではスマホ初心者向けの低価格スマホを投入するとしているほか、中国・インドともに発売されたばかりのギャラクシーS9や、折りたたみ式スマホに期待を寄せる声もあると伝えた。

 中国におけるサムスンの不振は目覆わんばかりの状況で、記事に対するコメントにも「サムスンは中国人をバカにした」、「高いのに質は大して良くない」といった類の書き込みが多く見られる。中国で失ったシェアを回復させることができるのか、それともさらにシェアを落とすのか、サムスンにとって正念場が続くことになりそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)