2017年の世界スマートフォン販売台数はサムスンが1位だった。しかし、サムスンは中国市場では苦戦を強いられており、下がり続けたシェアは17年第4四半期にはついに0.8%にまで下がってしまったという。ひと昔前までは中国人に大人気だった状況が一転し、今では中国でサムスンのスマホを見かけることはほとんどない。

 中国メディアの今日頭条は11日、サムスンはなぜ中国市場で負けたのか、韓国メディアによる分析を紹介する記事を掲載した。記事によると、17年の中国市場におけるサムスンのシェアは前年の2.4%から2.1%にまで落ちたという。

 その理由について記事は、「サンドイッチ型・・・・

続きを読む