中国高速鉄道の車内で販売されている弁当は高額な割に量が少なく、味も悪いと言われている。新幹線では車内販売だけでなく、駅のホームでも各地の特産品を使った様々な種類の弁当が売られていて、価格は手頃であるうえに味も良いものが多い。中国人からすれば、日本の駅弁は「種類が豊富」であるということと「美味しさ」を両立させていることが驚きのようだ。

 香港メディアの鳳凰網は12日、日本を訪れた中国人旅行客の見解として「日本で販売されている駅弁は種類が豊富なうえに非常に美味しい」と伝え、高額な割に量が少なく、味も悪い中国の駅弁を知っている中国人から見ると「非常に驚き」であると伝えている。

 中国では鉄道で移動する際に食事としてカップラーメンを持ち込む客が非常に多い。中国高速鉄道ではカップラーメンの匂いが車内にこもるという理由で、すでに車内での販売が中止となっているが、今でもカップラーメンを食べる客がいるのが現状だ。これは中国高速鉄道の車内で販売されている弁当が高額で、しかも美味しくないのが理由と言えるだろう。

 記事は、中国の駅弁は「味や質が悪いとして、批判の対象となっている」と伝え、中華料理は世界三大料理に数えられるほどだというのに、なぜ駅弁の分野でその精髄を発揮できないのかと疑問を投げかけつつ、日本と中国の駅弁における差は「ちょっとどころではない」と指摘。

 さらに、日本はインスタントヌードルが生まれた国だが、新幹線の車内でカップラーメンを食べる客はまずいないのは興味深いと指摘。また、日本の駅のホームで販売されている駅弁は価格こそコンビニなどの弁当より高めであるものの、価格に見合うほど質が高いとし、見た目も素晴らしいと称賛。

 また、日本の駅弁は新鮮で、各地の特産品がふんだんに使われているため、鉄道に乗るだけで特産品を堪能できるのも魅力であり、日本の駅弁は「種類が豊富」であると同時に「美味しさ」も両立していて素晴らしいと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)