中国メディア・捜狐は10日、日本人が考える「高齢者」の年齢が60歳を大きく上回っていたことが明らかになったと報じた。

 記事は、「中華人民共和国高齢者権益保障法」によれば、中国では一般的に満60歳以上の人を高齢者と称することになっていると紹介。そのうえで、日本の研究機関が昨年10月に行った「何歳からが高齢者か」についてのアンケート調査で、平均で64.2歳という結果になったと伝えた。 ・・・・

続きを読む