台湾メディア・ETtodayは9日、台湾で現在使われている地名の多くが、日本からやって来たものだとする記事を掲載した。

 記事は、「台湾はかつて日本に植民統治された。現存する日本式の歴史的建築から日本統治時代の面影をうかがい知ることができるが、このほかにも日本統治中の1920年に台湾全土で行われた大規模な区画調整によって、松山、板橋、関西、高雄といった日本の地名が用いられるようになり、そ・・・・

続きを読む