中国メディア・東方網は9日、「日本の肺がん発見率は、日本の10倍 彼らがやっているのはこれだけだった」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本では、早期肺がんの発見率が60%に達してるが、わが国では2-5%しかない。わが国の肺がん患者の70-80%は、見つかった時にはすでに末期になっており、手術の機会が失われてしまっている」とした。

 そのうえで、日本人が早期にがんを・・・・

続きを読む