中国メディア・今日頭条は6日、「中国のサッカーはほとんど日本と同時にプロ化したのに、どうして日本との差は広がる一方なのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「1994年に中国サッカーが正式にプロ化した。日本から遅れることわずか1年、すなわち、日中両国サッカーのプロ化の歩みはほとんど同じ時期にスタートした。特筆すべきは、当時の中国サッカーレベルは日本よりも高かったことだ。しかしその後、両国のサッカーの差はどんどん開いていってしまう」とした。

 そして、日本が98年にワールドカップ初出場を果たすと、4年後の2002年日韓W杯で中国も初出場を果たしたが、この時期以降両国・・・・

続きを読む