日本と中国では子どもに対する教育方法に大きな違いがある。「かわいい子には旅をさせよ」という言葉があるが、子どもが嫌がることは一切させず、なんでも親がしてあげるというのは必ずしも愛ではない。

 中国では1人っ子政策の影響により、1人の子どもに祖父母と両親の愛情が注がれ、その結果としてわがままで1人では何もできない大人に育つというケースが問題視されたことがあったが、こうした環境にある中国人からすると、日本の幼稚園の教育は「まるで子どもに苦痛を与えているように見える」というが、それはあくまでも子どもの将来を考えてのことだと強調している。

 記事は、子どもは国の将来を背負って立つ人材であることを考えると、幼少の頃から厳しく躾けてこそ、家庭や国、そして、民族の将来を担うことができると主張。そして、日本の幼稚園の子どもたちに対する教育は中国人から見ると「苦痛」に満ちているようだが、決してそうではないと指摘した。

 たとえば、日本の幼稚園では子どもには各自、自分の持ち物を置く場所が決められていて、自分の荷物は自分で片付けたり、管理することが求められると指摘。また、子どもは自分の荷物は自分で持ち、中国のように保護者が何でも持ってあげるようなことはないと強調し、そうすることで自立の精神を養っているのだと論じた。

 また、服を着替える時も園児が各自、自分で着替えたり、冬でも外で運動をしたりと、中国では考えられないようなことも教育の一環としてごく当たり前に行われることに驚きを示した。また、日本では幼少の頃は知識よりも礼儀、感謝の心など、社会で必要となる基礎的な道徳面の教育に重点が置かれていることを指摘し、こうした日本の幼児教育から中国が学べることは非常に多いと伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)