中国を訪れたことがある人ならば、中国の街中は日本ほど清潔ではないことを知っているだろう。黄砂や大気汚染の影響で埃っぽいということを除いても、ポイ捨てされたゴミやタバコの吸殻、吐き捨てられた痰なども多く見られる。こうした環境が当たり前の中国人から見ると、日本はどこも清潔であることが大きな驚きなのだという。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、清潔すぎる日本に対して「日本人は恐ろしい民族」と口にする中国人がいるのも理解できると指摘し、日本人は「ゴミをポイ捨てしない」という行動以外に、どのようにして街を清潔に保っているのだろうかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 記事は、日本では車が道路を走ってもチリや埃が舞い散ることはなく、これは中国と違って日本が海洋性気候であることが原因だとしても、それだけでは説明ができないほど「日本は清潔だ」と指摘。さらに、どれだけ人が多い繁華街であっても、ほとんど人通りのない小道であっても、「日本の場合は変わらない清潔さを実現できている」と強調し、日本の街の清潔さは「惚れ惚れするほど」であり、どれだけ歩いても「疲れを感じないほど」であると論じた。

 また、日本を訪れた中国人のなかには、「日本の街には汚れた場所がなく、まるで『死角』がない」と驚く人も多く、ひいては、「人が多いのに清潔さを維持できる日本人は恐ろしい民族」と口にする人もいると紹介。まず、日本の街にゴミが散乱していないのは、日本人がゴミをポイ捨てしないからだと指摘する一方で、それだけが理由ではなく、やはり日本人の「清潔さを愛する民族性」が本質的な理由なのではないかと考察。

 さらに、日本人一人ひとりが清潔さを重視することが集団や環境に対してもプラスの影響を与えている可能性があるとし、「ゴミをポイ捨てしない」という1つの行動だけが日本の清潔さを実現しているのではなく、その背後には日本人の清潔さを重視する国民性があるのではないかと主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)